食べ物にも気をつける

なぜ食べ物が「肌の色を白くする方法」として重要なのか?

紫外線は人間の体に有害であるために、人間の皮膚は紫外線を感知すると黒色メラニンをせっせと生成します。
これは紫外線から身を守るための体の自然な反応ですので、この作用自体を止めることはできません。
黒色メラニンが増加すると、当然のことながら肌の色が黒ずんでしまいます。
しかし、一度肌が黒くなってしまうともう白くすることはできないのかというとそうではありません。
肌の新陳代謝が活発であれば、黒色メラニンが含まれた角質が垢となって剥げ落ちていきますので、時間が経てば元の肌の色に戻ることができます。
でも、何らかの原因によって肌のターンオーバーリズムが狂ってしまうと、古い角質が剥げ落ちずに蓄積されてしまいますので、肌が黒ずんでしまうのです。
つまり、肌の色を白くするためには、肌の健康を保ってターンオーバーリズムを狂わせないようにすることがとても大切になってきます。 
そこで食べ物もとても大切になります。

 

ビタミンCや抗酸化作用のある食べ物が美白におすすめ

よい食べ物を摂取するということは、肌のターンオーバーに対して体の内側からアプローチするということです。
美肌効果の高い食品を摂ったり、サプリメントを役立てて、体の内側からもケアしておきましょう。
まずは、ビタミン類が多く含まれた食品の摂取にも肌の色を白くする効果が期待できます。
美白にはビタミンCだと思い込んでいる方もいらっしゃいますが、肌の色を白くするためには、他の美容成分もバランスよく摂取したほうが効果的です。
抗酸化作用のある食物を積極的に摂取することで美肌を作り出すことが可能になります。
抗酸化作用が強い食べ物としては、トマトやエビ、カニ、サケなどがよく知られていますが、これらを食べることによって、色素沈着やメラニンの生成が抑制されます。

美白ケアのための

【化粧品】【薬】【サプリ】ランキング

美白薬アプリ

 





 

関連ページ

食べ物で肌を白く
食べ物で肌を白くする方法にはどんなやり方があるのでしょう。
サプリメント
肌を白くするサプリメントについての情報案内。
洗顔
肌の色を白くする方法にはいろいろなアプローチがありますが、スキンケアの基本である洗顔も大切です。
簡単に色白になる習慣
肌の色を白くしたい…それもできれば「簡単に色白に」というのならば毎日の習慣をちょと気をつけるのがおすすめ。
紫外線を避ける
肌の色を白くするには紫外線などのメラニン発生要因を避けなければなりません。