食べ物で肌を白くする方法

食べ物で肌を白くするには

美白化粧品を使うのは、外からの働きかけですが、食べ物で肌を白くする方法は、体の中からということになります。毎日食べているものが素材となるので、化粧品などが肌に合わないなどのリスクがなく(食べ物アレルギーがある人は別として)、リーズナブルに続けられるのがメリットです。

 

美白成分として1番有名なのは、ビタミンCでしょう。シミやそばかすの原因となるメラニン色素の沈着を抑える効果があるので、食べ物で肌を白くする方法の基本ともなります。ただ、ビタミンCは水溶性で壊れやすい成分でもあるので、ビタミンCが豊富な野菜や果物を毎日のようにとるようにして、健やかな肌を維持したいものです。

 

野菜類でも特に評判が高いのは、トマトです。
ビタミンCが豊富な上、抗酸化力の高いリコピンも含まれ、サプリメントとしても注目されています。
性質上、生食するより煮込んだ方が摂取効率がアップするので、食べ物で肌を白くする方法として、トマトピュレにしたりトマトケチャップを多用したりするのがオススメです。

ノリや青海苔、フルーツなどもおすすめ

また、ミネラル類をたっぷり含んだのりは、ビタミンCも豊富な食材でもあります。
さらに、肌に潤いを与えるビタミンA、肝臓の働きや血行を改善するビタミンB1とビタミンB2は色素沈着の予防に効果的とされます。
食べ物で肌を白くする方法の一環として、ノリや青のりを上手く料理に使って、できるだけ多く摂るようにしたいものです。

 

他にも、カルシウムやビタミンB2が豊富なヨーグルトもオススメの食材です。
食べ物で肌を白くする方法としてはさらに、いちごやミカンを加えて食べると、ビタミンCもたっぷり摂れ、相乗効果が見込めます。

美白ケアのための

【化粧品】【薬】【サプリ】ランキング

美白薬アプリ

 





 

関連ページ

サプリメント
肌を白くするサプリメントについての情報案内。
食べ物
肌の色を白くする方法のひとつとして食べ物も重要です。
洗顔
肌の色を白くする方法にはいろいろなアプローチがありますが、スキンケアの基本である洗顔も大切です。
簡単に色白になる習慣
肌の色を白くしたい…それもできれば「簡単に色白に」というのならば毎日の習慣をちょと気をつけるのがおすすめ。
紫外線を避ける
肌の色を白くするには紫外線などのメラニン発生要因を避けなければなりません。