肌を白くするクリーム

肌を白くするクリームの主役はビタミンC?

肌を白くするクリームといわれても、いろいろとあって、どれを選んだらよいか分からない人は本当に多いようです。
参考のためと、ランキングサイトを見ても、大体の傾向は浮かび上がってはきますが、自分の肌に対してはというと結局、あれこれ試してみるしかないのが関の山です。

 

肌を白くするクリームによくあるのが、ビタミンC配合というもの。
ビタミンCには、メラニン生成を抑え、抗酸化力も高いということで、有力な美白成分です。
コラーゲン生成を助ける働きもあり、美白成分としては欠かせないものです。

 

ただ、ビタミンCは壊れやすい成分でもあります。
そこでビタミンC誘導体という浸透しやすい美白成分を開発し、差別化を図っているメーカーもあります。

肌を白くするクリームに配合される成分

また、トレチノイン配合のものも、肌を白くするクリームとして評判になっています。
トレチノインはビタミンAの誘導体ですが、作用力はその約100倍です。
ただし、アメリカではFDAに認可されているのですが、日本では、医師のみが使える医薬品扱いなので、医師の診断が必要になります。

 

他に新成分としては、ハイドロキノンが注目を集めています。
メラノサイトがメラニンを作る働きを抑制するので、強力な美白成分となっているのです。

 

ただ、ハイドロキノンは元来が医薬品です。
肌を白くするクリームは、医薬品よりも、配合濃度を下げたものが市販されているのが現状です。

 

概して、優秀な肌を白くするクリームは、肌への作用が強い傾向があり、人によっては炎症を起こすケースもあります。
いきなりクリーム1本丸ごと買う前に、塗った後で肌荒れを起こさないか等のトラブルを避けるため、パッチテストを経るのが賢明です。

美白ケアのための

【化粧品】【薬】【サプリ】ランキング

美白薬アプリ

 





 

関連ページ

美白化粧品
肌の色を白くする方法として美白化粧品によるスキンケアがあります。
美白化粧品ランキング
肌の色を白くする方法として、美白化粧水やクリームによるスキンケアがあります。
美白成分
美白効果のある化粧水の秘密とは?
化粧水
肌を白くする化粧水にはいろいろな製品がありますが、その選び方とは?