肌を白くする注射

肌を白くする注射

肌を白くする注射は、軟膏を塗ったりサプリメントを飲んだりなどの方法と比較して、効果が早く表れやすいのがメリットです。
たいがい健康保険がきかないので、費用が少々かかるのがデメリットですが、即効性を求める向きには特に好評のようです。

 

肌を白くする注射で、比較的ハードルが低そうに見えるのが、ビタミンC注射です。
ビタミンCは、メラニン生成を抑える働きに、高い抗酸化力もあります。

 

ビタミンCは、野菜や果物に豊富なのですが、肌を白くする注射の方が有利です。
ダイレクトに血液中に入るので、より早くより確実に効果が見込めるのです。

 

もっとも、ビタミンCは排出されやすい成分なので、効果を上げるには週1回ほどのペースで続ける必要があります。
ついでに、タバコのニコチンはビタミンCを壊すので、喫煙者はより頻繁に注入が必要です。

プラセンタ注射にも注目

他に、肌を白くする注射には、プラセンタ注射も注目を集めています。
プラセンタ注射は、アンチエイジングケアの美容注射として高い人気。
美白効果に加え、肌のつやが良くなったなど、数々の美肌効果が好評です。

 

体験談からすると、プラセンタ注射は多くが、週1、2回で、2か月ほどで効果を実感するようです。
1回あたりの費用は、千円から5千円くらい、クリニックによってばらつきがあります。
美容目的では健康保険が効きませんが、更年期障害や肝機能障害の治療の一環としてなら保険が適用されるので、医師に相談するのがオススメです。

 

さらに、肌を白くする注射は海外でも人気が高いようです。
ただ短期間の滞在で効果が上がるか疑わしいところで、技術・信用度など、日本国内と比較して見劣りがするのは否定できません。

美白ケアのための

【化粧品】【薬】【サプリ】ランキング

美白薬アプリ

 





 

関連ページ

フォトフェイシャル
お肌の色を白くする方法としてフォトフェイシャルといった施術があります。光を照射することで、シミやくすみなど様々な肌トラブルを改善する目的の機械です。
整形
整形で肌を白くする方法としてはイオン導入やフォトフェイシャル、レーザーによるシミ除去などがあります。
ハイドロキノン
ここ数年、究極の美白成分として注目を集めているのがハイドロキノンです。
肌を白くする薬としては、ビタミンCなどが代表的。他にもハイドロキノンなどが処方されることもあります。
手術
肌を白くする手術にはどんなやり方があるの?