肌を白くする薬

肌を白くする薬情報のご案内

ネオビタホワイトプラス(第3類医薬品./錠剤)

評判ボタン

ビタミンCにL-システインと天然型ビタミンE、さらに皮膚の皮脂腺の働きを調節する持続型のビタミンB2を配合したビタミン剤/ビタミンC/錠剤。

【効能・効果】
・次の場合のビタミンCの補給:
肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期
・次の諸症状の緩和:
しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着
・次の場合の出血予防:
歯ぐきからの出血、鼻出血
「ただし、これらの症状について、1ヶ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師または歯科医師に相談してください。」

 

@コスメでの口コミ

ネオビタホワイト

※引用元/http://www.cosme.net

 

ハイチオールCプラス(医薬品./錠剤)

評判ボタン

代謝を助けることによって“シミ”と“全身倦怠(疲れ・だるさ)”の両方に効果を発揮するお薬。

【効能・効果】
●しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着症
●全身倦怠
●二日酔
●にきび、湿疹、じんましん、かぶれ、くすりまけ
-------------
L-システイン…240mg
アスコルビン酸(ビタミンC)…500mg
パントテン酸カルシウム…24mg
-------------
シミの原因であるメラニンの過剰な生成を抑制し、肌に沈着した黒色メラニンを無色化し、さらに肌の代謝(ターンオーバー)を助けて過剰にできたメラニンをスムーズに排出します。

@コスメでの口コミ

ネオビタホワイト

※引用元/http://www.cosme.net

 

シオノギ製薬 シナール(第3類医薬品/錠剤)

評判ボタン

しみ・そばかす・日やけなどによる色素沈着の緩和に効果のあるビタミンC主薬製剤(L-システイン配合)です。

【効能・効果】
●次の諸症状の緩和
しみ、そばかす、日焼け・かぶれによる色素沈着。
●次の場合の出血予防
歯ぐきからの出血、鼻出血。
「ただし、これらの症状について、1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師、薬剤師または歯科医師にご相談下さい。」
●次の場合のビタミンCの補給
肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、老年期
-------------
6錠(成人1日量中)の含有量
アスコルビン酸(ビタミンC) 1000mg
L-システイン 240mg
パントテン酸カルシウム 24mg
-------------

@コスメでの口コミ

ネオビタホワイト

※引用元/http://www.cosme.net

肌を白くする薬の成分とは?

肌を白くする薬としては、ビタミンCなどが代表的です。
ただし、いずれにしても医師の説明をきちんと守って使うのが前提で、さもないと肌にダメージを与えることもあるので、注意が必要です。

 

安全性が高いことでは、ビタミンC(アスコルビン酸)は肌を白くする薬としてポピュラーなものです。
ビタミンCには、コラーゲン生成、抗酸化作用に、メラニン合成を抑える働きがあります。
某ロングセラーの飲むタイプのものがありますが、主成分はビタミンCとl-システインです。
ビタミンCは構造的に不安定なのですが、最近、安定型のビタミンC誘導体が開発され、美白効果をより強固にしています。

ハイドロキノンやトレチノインのリスク?

また、さいきん評判の高い、肌を白くする薬にハイドロキノンがあります。メラノサイトがメラニンを作る働きを抑制するので、漂白力が強く、美白剤として用いられているのです。
ハイドロキノン濃度が2%以上のものは医薬品扱いで、医師による処方が必要になります。
現在では医薬部外品として、高濃度の製品が市販されているので、誰でも扱えます。

 

その他、ビタミンA誘導体トレチノインも、有力な肌を白くする薬に挙げられます。
トレチノイン軟膏を塗ることで、表皮の新陳代謝を早め、古い角質をはがして皮膚再生を促すので、結果的にメラニンを排出する効果が見込めます。ちなみに、トレチノインは、ハイドロキノンを併用すると相乗効果で、美白ができます。

 

ただし、こういった肌を白くする薬を使用するに当たり注意が必要です。
ハイドロキノンやトレチノインは強い薬であり、肌が炎症を起こすリスクがあります。
またトレチノインは、妊婦は使用を控えるよう推奨されてもいます。

美白ケアのための

【化粧品】【薬】【サプリ】ランキング

美白薬アプリ

 





 

関連ページ

フォトフェイシャル
お肌の色を白くする方法としてフォトフェイシャルといった施術があります。光を照射することで、シミやくすみなど様々な肌トラブルを改善する目的の機械です。
整形
整形で肌を白くする方法としてはイオン導入やフォトフェイシャル、レーザーによるシミ除去などがあります。
ハイドロキノン
ここ数年、究極の美白成分として注目を集めているのがハイドロキノンです。
手術
肌を白くする手術にはどんなやり方があるの?
注射
肌を白くする注射について。