肌を白くする化粧水

肌を白くする化粧水の選び方とは?

インターネットやドラッグストアなどに肌を白くする化粧水がいくつも並んでいます。
いったい何を基準に選べばいいかわからないので、選択するときには悩んでしまいます。
化粧水は、化粧品の中でも最初に肌にのるアイテムであり、少なくとも肌に害になるものは避けたいものです。

 

肌を白くする化粧水を選ぶに当たっては、何点かポイントがあります。
何より、入っている美白成分が、宣伝や評判の通り、有効に働いてくれるかは、その最たるものです。

 

多くの場合、美白成分として、ビタミンC誘導体などの安全性が確認された成分が、市販品に配合されています。
最近では、ハイドロキノンなど新成分が開発され、肌を白くする化粧水として人気のようです。

肌を白くする化粧水は刺激が強い?

ただし、(一応)国に認められていたとしても、肌を白くする化粧水は刺激が強いものが多いようで、注意が必要なのは否定できません。
ロドデノールという美白成分が原因の白斑問題は極端な例ですが、使っていて肌に合わない場合は、すぐに使用を中止し、それでも赤みや炎症が続くようなら、医師の診断を仰ぐのが賢明です。

 

また、肌を白くする化粧水としては、石油系の合成界面活性剤など、肌に害になりそうな成分が入っていないものを選びたいものです。
肌のバリア機能の低下の原因は、体質や加齢によるものの他に、日常的に有害成分が侵入することも挙げられます。自然成分主体の化粧水を使って、バリア機能が高まった健康肌は、美白の土台となります。

 

さらに、肌の炎症を抑える成分が入っていることも重要ポイントです。
紫外線などのダメージから肌をガードすれば、メラニンの過剰な生成を抑えることができ、美白効果が表れやすくなります。

美白ケアのための

【化粧品】【薬】【サプリ】ランキング

美白薬アプリ

 





 

関連ページ

美白化粧品
肌の色を白くする方法として美白化粧品によるスキンケアがあります。
美白化粧品ランキング
肌の色を白くする方法として、美白化粧水やクリームによるスキンケアがあります。
美白成分
美白効果のある化粧水の秘密とは?
クリーム
肌を白くすると言われるクリームにはどんな成分が?