肌の色を白くする方法

化粧水やクリームを「あるもの」に置き換えるだけで肌の色が白くなる?

肌の色を白くする方法はひとつではありませんが、やはり欠かせないのは日々のお手入れ。
洗顔をして化粧水をつけ、クリームで保湿する…そんなディリーケアは誰も欠かしていないことでしょう。
その毎日やっている習慣はそのままに、「あるものだけ」を別なものに置き換えるだけで、簡単に美白を目指せることをご存知でしょうか。

 

た・と・え・ば…次の人たちは、日々、普通に使っているクリームを別なものに置き換えただけです

夜だけ使用していますが、それだけでも肌に透明感が!化粧水とセットで使わなくても効果を感じます。刺激もなく、翌朝顔を洗うとき、顔がつるんとしています♪
美白を謳ってますが、ハリ感アップと毛穴の縮小にも効果を感じました。ジェルクリームのような感触で保湿力が結構あります。 34歳 敏感肌

一ヶ月間使い続けた結果、美白効果が実感できました。黄くすみが解消されたと感じます。自分でもビックリするくらいくすんでいたんですが、そんなに驚かない程度に回復してきました(笑)。
刺激を感じることもなかったし、シンプルステップなので続けやすいと思います。 38歳 アトピー肌

化粧水と一緒に使っているからか、1カ月も経たなぃうちに透明感が実感できましたヽ(`(∀`(´∀`)´∀)´)ノ♪
しっかり保湿してくれるケド、ニキビができる事もなかったし毛穴が小さく目立たなくなった気がします☆★ 24歳 乾燥肌

 

これは@cosmeに寄せられた口コミですが、この方たちは、毎日使うクリームをある製品に置き換えただけでこんな違いを報告しています。
それも、乾燥肌敏感肌ばかりかアトピー肌など、皮膚がとてもデリケートな人でも刺激なく使えており、さらに美白を実感しているのです。

 

この口コミのもとになったクリームは、ディセンシアの「サエル」シリーズ。
もともと敏感肌専門ブランドですから肌を傷めずにしっかりケアするのはもちろん、その上で、美白に関しても高い実感値を多くの人に与えています。
ただ、自分の肌に合う合わないは、実際に使ってみないとわかりませんね。まずは返金保証付きの10日間トライアルセットで試してみましょう。詳細はこちらから⇒http://saeru.com

 

ところで、肌の色を白くする方法はひとつではありません。
それぞれの方法についての情報やランキングがまとめてあります。以下のバナー画像からどうぞ。

美白薬アプリ

 

★化粧品やクリームで美白を目指す
★サプリメントで美白を目指す
★薬で美白を目指す

 

デイリーケアで「肌を白くする」ことを目指したとき、すぐに思い浮かぶのは、美白化粧品が挙げられます。今では、ビタミンC誘導体であるとか、レチノール、プラセンタなど評判の成分配合のものが開発され、選択の幅が広がっています。
それらにも「流行」があり、数年前にはハイドロキノンという成分が話題になりました。医療用の成分でしたが、2001年から市販品への配合が認められ、濃度を抑えて使われています。
ハイドロキノンは肌の色を白くする方法としても有効ですが、もともと「肌の漂白剤」などと呼ばれた強力な成分なので、使用に躊躇する人も少なくないようです。

 

実際のところ、最近では、「ただ白くなればいい」というのではなく、「安全に」「安心して」というのもキーワードになっています。
この理由は、美白成分「ロドデノ−ル」を配合したカネボウ製品による白斑問題です。
やはり、あのような副作用的なトラブルは避けたいもの。
そこで、「強力なホワイトニング」よりも「安全・安心 なホワイトニング」に関心が向いているのです。

化粧品以外の方法

肌の色を白くする方法は、女性は言うまでもなく、男性にも実は関心の高い話題となっているようです。
色の白いは七難隠すということわざがありますが、思い当たる節を持つ向きは多いことでしょう。

 

まず、肌の色を白くする方法は、食事からでも実践可能です。
美白成分には、よくビタミンCが挙げられ、野菜や果物を意欲的に摂取したいものです。
特に、旬の野菜は栄養価が高く、さらなる美肌効果が見込めます。

 

美肌成分としては他に、ビタミンCの吸収を助けるビタミンE、トマトなどに豊富なリコピンも、評判になっています。美とは、化粧品からだけでなく、食事を通じて、体の中からも作り出せるのです。
食事で間に合わないようであれば、サプリメントで適量補うのも効果的です。

 

また、肌の色を白くする方法は、日焼けを防止することも重要ポイント。
夏場以外でも、日焼け止めは必ず塗ることとし、帽子や日傘などのアイテムを利用してガードすれば、UV対策は完璧です。

美白ケアのための

【化粧品】【薬】【サプリ】ランキング

美白薬アプリ